不動産担保ローンの返済について

不動産担保ローンを利用した場合の返済方法はどうなるのでしょうか?不動産担保ローンの主な返済方法は元金均等返済、元利均等返済、ボーナス併用返済、自由返済、一括返済、利息払い元金一括返済、現金据置返済になります。

元金均等返済とは、その名の通り借入した元金を返済回数で均等に割って返済をします。

返済額はこの均等に割った額に利息を足したものになります。

残高は返済によって減っていきますので、利息は当然少額になっていき、返済はどんどん楽になっていきます。

元金均等返済のデメリットは返済スタート時の返済額が大きいということです。

元利均等返済とは、元金と利息を調整して、一回の返済額を均等にするという返済方法です。

元金や利息に関わらず、返済額が同額なので、返済計画がしやすいというのが特徴です。

元利均等返済のデメリットは返済スタート時は利息の割合が多く元金返済が少ないということです。

ボーナス併用返済とは、ボーナス時にまとめて返済するという返済方法です。

年に二回まとめて多く返済することから、毎月の支払額を抑えることができます。

毎月の返済を考えると楽な返済方法と考えられますが、ボーナスについての保障がないので、ボーナスが悪かった時等のことを考えるとあまりベストな返済方法ではないかもしれません。

自由返済とは、毎月支払う最低金額を設定し、それ以上の返済をしていくという返済方法です。

余裕のある時に多く支払うことで、早く元金が減っていくという仕組みです。

利息払い元金一括返済、現金据置返済とは、元金を期日までに一括返済する返済方法で、期日までは金利のみを返済します。

コメントは受け付けていません。

Filed under 通常の融資との違い

Comments are closed.