不動産担保ローンの保証人について

不動産担保ローンは所有している不動産を担保にして融資を受けるサービスなのですが、不動産を担保にしていることで融資側がリスクが少ないということもあって、基本的に不動産担保ローンでは保証人が不要となっています。

通常の融資では人的担保となりますが、不動産担保ローンの場合は物的担保ということです。

まとまった資金が必要だけど、年齢や収入などの理由でなかなか融資が難しいと判断された方でも不動産担保ローンであれば、融資を受けられる可能性もあります。

条件的に融資に難しいと判断された方の場合は保証人をお願いすることも困難な場合もあるかと思いますが、誰かにお願いする必要もないので安心です。

通常、融資を受ける場合には申込者に年収、他社からの借入の有無、返済能力の有無、勤務先、勤務年数、住所、持ち家の有無などの調査がされ、借入可能かの審査がされますが、不動産担保ローンの場合はそれプラス不動産の価値を調査し、本人の条件よりも更に高額の融資を受けられることができるのが特徴です。

比較的他のローンと比べて、高額の融資を受けられるので、不動産売却までなどのつなぎ融資として利用する人も多い様です。

不動産担保ローンの場合、不動産の価値は変動しますが、価値が無くなるということはないという見込みからこういった高額の融資が受けられるのです。

参考サイト⇒住まいを保有するとかかる税金~住まいの税金:買う 【不動産ジャパン】

ローンを組むことが難しいと諦めていた方でも、不動産を所有している方は一度不動産担保ローンを考えてみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。

Filed under 通常の融資との違い

Comments are closed.