不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンは所有の不動産を担保にするということで、比較的融資を受けやすい、高額の融資を受けやすいというメリットがありますが、当然のごとく、土地や建物を担保にするということは抵当権や根抵当権が設定されるので、もしも、返済計画通りに返済が不可能になった場合、担保にした不動産は失うことになります。

金融業者にとってリスクは少ないけれど、債務者にとってはリスクは大きい融資と言えるかもしれません。

そこでできるだけリスクを負わない様にするには返済計画をきちんと立てることです。

返済計画はできるだけ早く返したいと思うあまりにきつきつの返済計画を立てる人もいる様ですが、返済ができなくなれば大事な家や土地を失うことになりますので、できるだけ余裕をもった返済計画を立てることをお勧めします。

そして、ここが大事な注意点なのですが、不動産担保ローンの場合、契約時にあった不動産の価値が時間の経過によって価値が下がってしまうこともあります。

それを担保割れと言うのですが、返済ができなくなった場合、不動産を手放すだけではなく、差額を返済しなくてはなりません。

担保割れになった場合のことについては事前に確認しておきましょう。

その他、不動産担保ローンの場合、不動産の調査費やその他の事務手数料などは自己負担になりますが、不動産担保ローンを組む訳でもなく、不動産担保ローンを希望している人を騙して、調査費などをだまし取る詐欺的集団もいる様なので十分気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under 担保割れなどの注意点

Comments are closed.