不動産担保ローンの担保について

不動産担保ローンを利用するには所有している不動産を担保にする必要があります。

不動産を所有していて担保にするからこそ信用を得て、このサービスを利用することができるのです。

では担保にできる不動産とはどの様なものでしょうか?不動産担保ローンの担保といえば、自分の持家、所有している土地などになりますが、その他にはなにかあるのでしょうか?その他には抵当権、根抵当、質権、先取特権というのもあります。

ただし、どこの金融機関でもこれらを担保にできるという訳ではないので、事前の確認が必要です。

不動産担保ローンを利用したい場合、審査を受けることになりますが、その前に自分が担保にする不動産の価値を知っておく必要があります。

なぜならば、不動産の価値もわからず、ローンを組むことになったら、相手の話を聞き入れるだけで、契約することになるからです。

できることなら、不動産担保ローンにて融資額を高くできればと望む人もいるでしょうから、価値を知っておけば、その融資額の高い低いを知ることもできます。

担保にしようと考えている不動産の価値を知るには、不動産会社のサイトにてオンライン査定をしてみると良いでしょう。

その際に、一つの不動産会社だけではなく、複数の不動産会社から査定をしてもらえば、大体の不動産の価値を知ることができます。

ただし、不動産担保ローンの場合、価値があるとされ不動産だったとしても必ず融資を受けられるという訳ではないことを覚えておきましょう。

不動産のある地域などによっては融資額が低かったり、融資を受けられないという場合もあります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 担保とは

Comments are closed.